脊柱管狭窄症に有効なリハビリに励みましょう

Doctors

予防は定期的な検診

Woman

女性は男性の100倍乳がんにかかりやすく女性が最も恐れる病気の一つです。最低でも年に一回は乳がん検診を受け、早期発見早期治療を行うべきなのです。がんのもっとも恐ろしいところは転移です。一度転移すると完治は極めて難しくなります。

この記事を読む

副作用がかなり少ない

Man and Woman

今までのがんの治療において患者さんは、かなり過酷な状況におかれているものです。基本的にはかなり強い副作用がありますので、耐えるだけでもしんどいものです。でも最近の樹状細胞療法は、かなり副作用が少ないので、患者さんの気持ちを楽にしてくれることができます。

この記事を読む

免疫力によるガン治療とは

Girl

人の免疫力のひとつとして、NK細胞があります。これは、ガンなどの腫瘍を攻撃する能力が高いため、NK細胞療法としてガン治療に使われています。この治療法は、まず患者の血液からNK細胞を培養します。そして、増えたNK細胞を再び感謝の体内に戻します。この治療法は副作用がほとんどないのが特徴です。

この記事を読む

激しい痛み

Girl

腰や足の痛みに悩む

脊柱管狭窄症という病気は、大変な痛みを伴い歩行が困難な状況になる程です。脊柱管が狭くなり、神経を刺激して痛みを生じます。高齢者に多い病気ですが、運動を続けてきた方や重労働の職業の方がなりやすい病気です。治療は、痛み止めの薬やリハビリ、注射療法などがあります。痛みを生じましたら、ゆっくり横になり休むと痛みが落ち着いてきます。手術もありますが、手術まではしたくないと拒む高齢者も多いです。病院への受診や痛み止めの薬の処方、リハビリで痛みを緩和している方も多いです。また、マッサージや鍼治療などもよいでしょう。脊柱管狭窄症の治療方法がある程度決まってしまう事も痛みを我慢してしまう原因になってしまいます。

治療と効果

脊柱管狭窄症の治療方法が決まってしまいますので、工夫して痛みの緩和と治療をしていく事をお勧めします。リハビリには、病院のリハビリセンターを利用されても良いですしリハビリ専門病院の利用も良いです。家族の方に腰や足を揉んでもらいリラックスする事も良いでしょう。脊柱管狭窄症を理解されて治療しましょう。また、痛み止めなどの薬は、胃を痛めたり、副作用がありますので注意が必要です。痛みがある時には、無理をしないで休みましょう。痛みを意識しますと余計に痛くなりますし、精神的にもよくありません。家族の協力も必要ですので求めてみましょう。温泉で体を温めてリラックスする事も効果があります。病院のアドバイスも受けましょう。

Copyright© 2015 脊柱管狭窄症に有効なリハビリに励みましょうAll Rights Reserved.